スクロール値 | 0

セレックエステティックセラミックセンター

セレックエステティックセラミックセンター

当院は「セレックエステティックセラミックセンター」として、医療先進国ドイツで開発されたセレックシステムを審美歯科治療に導入しています。コンピュータを駆使した先端治療で、「短時間」で「美しい修復物」をご提供します。

セレックシステムとは

セレックシステムとは、歯の修復物(詰め物や被せ物)を、コンピュータ制御で設計・作製をするCAD/CAMシステムです。虫歯治療後に3D光学カメラを使用して患部を撮影することで、従来必要だった歯型採取をせずに修復物を作製できます。 コンピュータによる精密な設計からセラミックブロックの削り出しまで院内で行われるため、短時間で高品質な修復物がご提供できる、優れたシステムなのです。

セレック治療の特徴

従来なら、型を取ってから修復物ができあがるまでに10日ほど期間が必要でしたが、セレックならなんと最短1時間。治療時間が大幅に短くなります。

素材には高品質なセラミックブロックを使用するため、耐久性に優れています。15年後の残存率を調べた臨床研究によると、通常の治療では約68%なのに対して、セレックの場合には約93%と、とても高い結果を出しています。

セレックでは修復物を歯科医院で作製するため、歯科技工所に依頼する必要がありません。時間の短縮ができるのはもちろん、人件費を削減できるため、比較的リーズナブルに高品質の修復物をご提供できます。

上質なセラミックを使用しているので、見た目も自然で美しい仕上がりになります。もちろん金属アレルギーの心配もなく、安心です。

 

セレック診療の流れ


虫歯治療後、最先端の3D光学カメラを使用し、患部を撮影(スキャン)します。型取りが不要なので、不快感がありません。

※症例によっては、型取りが必要なケースもあります。

 


スキャンして得た情報をもとに、PC上にて歯の形態や咬み合わせ、歯の間の圧や清掃性など、あらゆる視点から調整を行い、オーダーメイドにて理想的な形にしていきます。設計後は、最適な色のセラミックブロックを選定します。

 


セラミックブロックをミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)にかけ、PCデータをもとに修復物を削り出していきます。できあがった修復物を焼成することで、きれいな仕上がりになります。

 


できあがった修復物は、先進的な接着技術を用いて口腔内にセットします。

これで、治療は完了となります。

 

セレック治療とほかの治療の比較

 

セレック治療

一般的な治療

時間

基本は1回の通院ですみます。治療時間も、最短で1時間程度です。

最低でも、治療・型取りとセットの2回の通院が必要になります。その分、治療時間もかかります。

寿命

セレックにより作られたセラミックの修復物は、15年後の残存率が約93%となっています。ほとんどの症例で機能していることがわかります。

従来のセラミックの修復物は、15年後の残存率が約68%となっています。約3分の1の修復物にトラブルが発生していることがわかります。

費用

歯科医院で作製できるため、人件費がかかりません。

歯科技工所に依頼して作製するため、人件費がかかります。

 

ページトップへ

 

Copyright(c) MerryHouse Dental Clinic. All Rights Reserved.